ホーム > 緊急用シャワー&洗眼器 > 緊急用シャワー&洗眼器 502-52FS.F ※低温作動弁付

緊急用シャワー&洗眼器 502-52FS.F ※低温作動弁付 緊急用シャワー&洗眼器

502-52FS.F

緊急用シャワーと洗眼器が一体となったスタンダードタイプ。オールステンレスモデル502-50FS を代表に、使用環境に応じて、さまざまなバリエーションを用意しております。

商品説明

オールステンレスの低温環境対策品。冷温外気にさらされやすい屋外設置におすすめです。
※配管保温(ラッキング、トレース)を行うことを強く推奨します。

特徴

p68
■低温作動弁
(自動的に1.5±1.2℃で開弁し、3.5±1.2℃で閉弁して、凍結を防ぐ弁)
一般的に水道など供給の配管は、埋設したり、保温したりして凍結しない処置を取られてます。
配管の末端となる本装置への凍結対策が不十分な場合、配管内に滞留した水が低温外気にさらされて、
やがて凍結してしまいます。低温作動弁は、外気温を自動的に検知して開弁して、
配管の水を流すことによって、温かい供給水が本体に流れ込み、凍結を防ぐことができます。
■ウィープバルブ
(自動的に残り水を排水する特殊弁)
低温作動弁だけでは抜けきらない、洗眼ヘッド部分の残り水を排水して、凍結を防ぎます。
普段は、開放されていますが、洗眼器を使用しているときだけ、自動的に閉じる
構造になっています。最新モデルでは、ベースドレンの内部に内蔵しており、
外部に排水が出ない構造に改良されております。
■ロングネックボールバルブ
(ラッキングしやすい首長のバルブ)
低温作動弁とウィープバルブを設置しても外気温や供給温度が低い場合、凍結の恐れがありますので、
かならず配管を保温(ラッキング)してください。
通常のバルブでは、プッシュプレートがラッキングと干渉してしまいますが、弊社では、
ラッキングの厚み分を確保したロングネックボールバルブを用意しており、効果的な保温を行うことができます。

仕様

Model No. 502-52FS.F
全高 2420mm
重量 25kg
給排水口 PT 1-1/4 (32A)
運転圧力 0.2 ~ 0.6 MPaG
運転温度 16 ~ 38℃
型番 pdf図面 取扱説明書 CAD(要ログイン)
502-52FS.F 図面 取扱説明書 DXF

※記載されている会社名、システム名、製品名は各社の商標または登録商標です。

緊急用シャワー&洗眼器 502-52FS.F ※低温作動弁付のTOPへ